第131回IPU(列国議会同盟)会議





IPU
(列国議会同盟)会議での執行委員就任のご報告

 
 1012日から16日までの5日間にわたり、ジュネーブ国際会議センター(スイス)において131IPU(列国議会同盟)会議が開催されました。日本からは国会代表団6名が参加し、上杉が団長を務めました。
 今回、IPUの地域グループ一つであるアジア・太平洋地域グループの会合(構成国32か国)が開催され、各国の代表から満場一致で推薦を受け評議員会において正式に執行委員に選出されました。
 今回は本会議・評議員会のほか、常設委員会、女性議員会議等も行われました。会議に参加し、「ジェンダー平等の達成、女性に対する暴力の根絶」をテーマとする一般討議において、特に女性が活躍する社会実現に向け安倍内閣が重要な政治課題とした「女性が輝く」社会政策を紹介し日本の意見表明と各国議員との相互理解の促進に努めました。

 
IPU(列国議会同盟)会議
1889年に創設され、世界規模での議会の対話の中心的な場として、平和・諸国民間の協力及び代議制諸制度確立のための行動 
を目的とした組織である。現在、
164か国・地域が加盟しており、日本は1908年から加盟国となっている。
 
地域グループ
・アジア・太平洋、アフリカ、アラブ、ラテンアメリカ・カリブ、12プラス(欧州等)、ユーラシアの6つ(日本はアジア・太平洋グループに所属)。
 
執行委員の役割
・執行委員会は17名からなり、IPUの運営を監督し、全加盟国からなる評議員室への助言を行うこと等を任務としている。
 


カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

最近の投稿

カテゴリ一覧

過去の投稿

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

mobile

qrcode